薬剤師の平均収入の情報なら・・・

薬剤師の平均収入はどれくらい?

4人に1人が65歳をこえる高齢者となった日本社会です。合わせて少子化という逆ピラミッドの社会構成では、医療の面において、医師や看護師、それに薬剤師の不足を解消する働きが盛んになっています。そんな状況下での薬剤師の待遇はどうでしょうか?

日本では、医者は昔から高給取りと決まっていますが、看護師や薬剤師はまだまだ評価が低いものがあるようです。欧米などでは薬剤師は医者や弁護士と同等に評価がなされていると言います。特にアメリカでは薬剤師の平均年収が1100万円とも言われているのです。平成25年度を見ますと、薬剤師の平均収入が533万円になっています。この10年ほどはいわゆる横ばいです。とはいっても、不景気の中で下がってきた他の業種と比べれば、実質成長しているといえるかもしれません。薬剤師の世界はいわゆる女性社会でもあります。70%近くが女性でありますから、看護師と同様に低い評価になっているのは残念と言えるでしょう。ですが、24年度の全国の平均年収が408万円という事から見ればやはり専門職なのです。

勤務先における給料を見てみますと、製薬会社やドラッグストアが高年収になっていました。1番の高収入が製薬会社です。約400〜800万円の年収で、業績次第ではもちろん800万円以上にもなる分野です。このように製薬会社はおおむね高給待遇ですが、研究職の採用は非常に少なくなります。新規採用は営業職から始まり、薬剤師本来の仕事とはかけ離れてしまう事があるようです。2位がドラッグストアで約400〜700万円あたりです。店長クラスになれば700万円以上になる事も多いです。そして3位には調剤薬局約400〜650万円程でした。今最も必要の大きいのがこの2つでしょう。ドラッグストアと調剤部ではかなり高収入の求人がたくさん出ているのです。そして4位が病院薬剤師で約400〜600万円くらいと言われています。病院薬剤師には医療の現場と直接かかわり、仕事の幅を広げるなどのメリットもあって、収入面からだけではない選択をする方が多いようです。

薬剤師は今引っ張りだこと言っても良いでしょう。ですが、好条件の求人はあまり一般には公開されていません。ネットの薬剤師専門の就職・転職サイトで知ることが出来るのです。より良い職場を探している方はぜひこれらに会員登録をすると良いでしょう。プロのキャリアアドバイザーから有益なサポートが得られるでしょう。

<職場・勤務形態別の薬剤師の平均収入相場一覧>
ドラッグストア
調剤薬局
病院
製薬会社
派遣
バイト・パート
開業
北海道
東京
沖縄

薬剤師収入アップを目指すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師のページへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアのページへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師のページへ進む