開業している薬剤師の平均収入の情報なら・・・

開業薬剤師の平均収入

薬剤師の独立といえば、調剤薬局の開業が一般的です。最近の医療サービスの不十分な現状を是正する政府などの動きで、薬局の開業のチャンスも増えてると言えるでしょう。個人の薬局を作るという意味では、小さな喫茶店を作るのと同程度の資金になるという意見もありました。要するに1000万円前後でしょうか。また他の意見では最低2500万円の初期投資は必要だという声もあります。どちらにしても、まとまった資金の調達が前提になるようです。

開業後の集客(集患)は、立地面が問題なければかなり容易だといいます。都心でも、地方でも実際に薬局が不足している現状を上手にくむことで集客を確保できるという意見が多かったです。また1人の薬剤師で4.50枚の処方せんをカバーできれば、固定費分は賄えると考える計算もあるそうです。開業して半年以内に単月で黒字化する可能性は十分あるという方もいました。

このようにある意味で不確定な個人開業ですから、一概に平均収入をいう事は出来ないでしょう。都内の開業薬剤師の方の例です。年間収入は600〜1200万円位までの幅があるのではないでしょうか?自分は現在、1000万円あたりをキープしているといっていました。ただ、自分が経営者になっているので、社会保険や税金なども全額負担になります。それに設備費や維持管理費などを考えると、会社で雇用されているよりはすこし高めかもしれないと言う意見がいくつか出ています。現在の薬剤師の平均年収が533万円です。それからすれば、決して大きな収入を得られるとは限らないと言えそうです。

また他の意見ですが、ひとたび軌道に乗り、処方せん枚数が安定してくれば、経営的には安心できるそうです。競争が激しくなるような立地でない限り、来客数が減少しづらいのが薬局だそうです。今の高齢化ではなおさらその傾向は高まると言えるでしょう。また、隣接する個人クリニックなどのドクターとも運命共同体になることもあります。薬局としても、クリニックの経営環境にまで関心をもち、ともに知恵を絞って連携をとることもプラスになるというのです。

今後の社会状況を見れば薬剤師の開業はニーズがあるものと言えそうですが、これらの具体的な情報収集や準備を進めるのは容易ではありません。そこでネットの薬剤師専門求人サイトには、医師・薬剤師の開業支援事業(開業支援等のイベント開催・広告事業)を行っているところがあります。リクナビやマイナビなどの薬剤師専門サイトでは、その情報提供や支援などを行っているのです。開業を考えている方は利用なさると良いでしょう。

薬剤師収入アップを目指すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師のページへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアのページへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師のページへ進む