東京で働く薬剤師の平均収入の情報なら・・・

東京で働く薬剤師の平均収入はどれくらい!?

2014年度の賃金基本統計調査によると、東京の薬剤師の平均給与は年収が約531万円、月収は35万円です。この調査に因る全体の平均賃金は月収295,000円なので、薬剤師の給与は他業種から見ても高い部類に入ります。東京の薬剤師の平均給与には、地方と都心の人口の問題が大きく関係しています。人口が集まりやすい東京に比べて、地方にある薬局や企業は人材確保だけでも難しい状況が常態化しています。そのため、どうしても地方のほうが高い給与となる傾向があります。

しかし、東京であっても全国平均くらいの収入が得られる職場も存在します。まず挙げられるのは10〜99人ほどから成る小規模薬局や企業です。こうした小規模薬局は中小企業と比較して、平均給与が100万円以上高いことが2014年度の賃金基本統計調査で明らかになりました。しかし、今回の調査では中小企業での勤続年数平均が約6年、そして平均年齢が約39歳に対して、小規模薬局や企業の場合、勤続年数平均は9.5年、年齢も44.5歳となり、中小企業側の年齢や勤続年数が、やや低いという結果になっています。

薬剤師は、勤続年数や経験によって収入がアップすることが多いため、10〜99人の小規模薬局や企業が中小企業よりも高収入が期待できるとは一概には言えません。ですが、賃金基本統計調査の結果を見ると、小規模薬局や企業には、長く期間勤める方が多いことがわかります。東京都で長く働いている方にとっては、小規模薬局や企業は高収入であり、魅力的な職場であると言えるかもしれません。こうした小規模薬局や中小企業の他に、従業員が1000人以上の規模の企業も全国平均ほどの収入が期待できる職場と言えるでしょう。薬剤師にかぎらず、大企業と呼ばれるところは中小企業に比べて、平均給与が高いことが多いのです。

また、大きく分けて薬剤師には4つの勤務先が存在します。調剤薬局とドラックストア、そして病院、製薬会社です。それぞれの年収の目安は調剤薬局が400〜650万円ほど、ドラックストアが約400〜700万円ほど、また病院が約400〜650万円ほど、製薬会社が約400〜800万円ほどです。

ドラックストアに勤務する場合は、支店によって給与に違いがあることを頭に入れておきましょう。調剤薬局と同等である400万円から始まります。そして店長クラスまで昇格すれば、薬剤師として年収700万円超えも見込めます。また、製薬会社は多くが高給ですが、研究職の場合採用の機会は極めて少なく、新規採用の大半が営業職です。

転職エージェントのサイトでは、こうした収入面から検索し、希望に則した求人を探すことができます。登録は無料で、転職エージェントが本人の経歴や資格などを確認し、求人主に紹介してくれるのです。転職までをしっかりサポートしてくれるので、転職の際の強い味方になります。

薬剤師収入アップを目指すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師のページへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアのページへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師のページへ進む