高収入の薬剤師求人情報

高収入の薬剤師求人情報を探すなら

ネットの求人サイトを見ると、急増している職種には薬剤師の募集があります。この数年間、医療現場の看護師と医薬関連事業の薬剤師は慢性的な不足状態にあると言えるでしょう。この社会的問題を改善するために医薬界の企業が拡大路線を展開しています。足りない薬剤師を確保するには雇用条件を良くする。このセオリーに則って薬剤師の待遇は年々、向上している事は確かです。

そこで、薬剤師の求人の内容を調べてみますと、製薬会社の薬剤師でキャリアの中途採用の初任給で35万円前後からドラッグストアの店舗薬剤師でも30万円以上にはなっています。低めの病院薬剤師でも25万円あたりからの給料です。これは最低という金額ですから、一般的には40万円でも50万円でも採用されているのです。この数年間、薬剤師の年収は徐々に高くなってきているのです。日本全体の平均年収が408万円と、まだ下げ止まっていないなかで、薬剤師の平均年収は533万円です。3年前が500万円、2年前で529万円にあがり、そして533万円ですから、既にV字回復を見せている業種なのです。

確かにこれだけを見ても、薬剤師の職場環境は向上しているという事が窺えますが、実際はもう少し激しい就職・転職状況を展開していることをご存じでしたでしょうか?今現在の転職者には、年収800万円とか1000万円の条件を貰っている薬剤師の方は少なくないそうです。もちろんかなりの能力とキャリアを積んだ方のケースでしょうが、一般的な転職・就職でも個々の才能をきちんと評価して採用してもらうことが出来るのです。一般的なネット求人や求人誌、地域のハローワークなどからでも応募できるのですが、なかなか思うような条件にはならないでしょう。それを可能にしてくれるのが薬剤師専門の求人サイトです。企業側の望む薬剤師を的確に紹介するこれらのサイトには非公開の好条件の求人がたくさんストックされているそうです。

ネットの薬剤師専門サイトにはリクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師、ヤクステにm3.comとファルマスタッフなどがありました。どれも独自のネットワークとノウハウを持ち、企業にとっても、もちろん薬剤師さんにとっても、十分に納得のいくマッチングをしているのです。その利用満足度は5つともトップクラスで、ほぼ皆さんが納得の就職を喜んでいるようでした。これらのサイトはどれも登録会員制度を取っています。無料登録になっていますから、気兼ねなく登録しておくことを勧めます。自分の望む待遇を相談すれば、各専門のキャリアアドバイザイーが親身に対応して、責任をもって成功へ導いてくれるのです。

<年収・時給別にみる薬剤師の求人事情>
年収1000万
年収800万
年収600万
時給5000円
時給4000円
時給3000円
短期
スキルアップ
地方
東京
大阪
福岡
沖縄
渋谷
新宿
池袋
栄(名古屋)
なんば(大阪)
梅田(大阪)
天神(福岡)

薬剤師収入アップを目指すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師のページへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアのページへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師のページへ進む