ボーナス額が良い薬剤師求人情報

ボーナス額が良い薬剤師求人を探すなら

薬剤師の求人情報で収入環境をチェックする際にはボーナス額も重要なポイントとなります。月々の収入に対してボーナスをどの程度受け取ることができるかで年収に大きな差が出てきますし、業種によってボーナスの支給状況が異なってくる面もあるからです。

まず知っておきたいのは薬剤師全体のボーナスの平均額。平成26年のデータでは全体平均で80万円という数字が出ています。月収の2.5〜3ヶ月分といったところでしょうか。同じデータにおける薬剤師全体の平均年収が約531万円ですから、ボーナスが年収に占める割合はあまり高くないともいえます。この点はどの程度をボーナス額がよいと判断するのか目安ともなるでしょう。

求人を探す場合には月収の金額をできるだけ正確に確認しておくことがまず第一です。求人情報の中にはボーナスの具体的な金額を書かずに「○か月分」と表現されているケースが見られます。そのうえで月収額が書かれているわけですが、この月収額面の内容が重要になってくるのです。ボーナスとは原則として基本給の何か月分という形で支給されますから、月収と基本給をしっかりと分けて判断する必要があるのです。求人情報に掲載されている月収額では各種手当を含めた金額となっていることが多く、その数字だけで「この月収ならボーナスがたくさんもらえそうだぞ」と判断するといざ入職した際に当てが外れてしまうこともあります。

それから業種によってもボーナス額や支給環境が異なってきます。製薬会社のようにもともと平均収入が高い職場では当然ボーナス額も高くなります。一方調剤薬局やドラッグストアではボーナスの基準額はそれほど高くないものの、安定して支給される面があります。製薬会社や医療機器メーカーといった企業では業績によって毎年ボーナスの支給額が異なってくることもあるので注意したいところです。さらにMRのように成果主義を導入しているところは成果によってボーナス額が変わってきますし、そもそもボーナスが存在しないケースも見られます。

こうした点を踏まえた上でボーナス額がよい薬剤師求人を探すことになりますから、できるだけひとつひとつの求人に関して細かい情報を入手できる環境づくりが重要です。その意味では情報の数よりも質を重視するべきともいえるでしょう。また検索の際には単にボーナスが高い点を条件にするのではなく、先述した基本給の金額なども考慮したうえでうまく情報を絞り込んでいくことが求められます。

薬剤師収入アップを目指すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師のページへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアのページへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師のページへ進む