薬剤師の高収入の職場ランキング

薬剤師の収入が高い職場ランキング

一口に薬剤師と言っても、その働く場によって収入が違っているものです。どの職場でも薬剤師のニーズは高まっているのですが、温度差が生じるのは企業ごとの成長度合いから生じていると言えるしょう。薬局、ドラッグストアに勤める薬剤師の年収は、いわゆる総合薬剤師の年収は初任年収から400万円を超えることが多く、店長クラスになると600万円以上が一般的です。調剤薬局の場合は初年度で350万円からと若干安めですが、それは時間的に楽な勤務形態だからでしょう。役職があがって管理薬剤師になれば、最低でも600万円以上が相場です。そして昇給の上限は800〜900万円あたりになっているようです。

次に製薬企業に勤務する場薬剤師です。初年度は300万円〜350万円あたりです。先のドラッグストアなどに比べると、若干安い印象がありますが、他の職種と違って実力があれば1000万円を超えることもあるようです。生涯年収は他の業界と比べても高くなる可能性があるのです。ですが、実力を発揮できなければ、長く続けていても500万円になかなか届かないこともあるので、その辺の見極めが難しいところでもあります。

そして大病院に勤める薬剤師の年収はどうでしょうか。初任当初は300万円くらいから設定されていて、かなり安いと思われるかもしれません。夜勤手当を加算しても年間で、30〜50万円のアップにとどまると言います。ですが、公務員である薬剤師の平均収入は、給与規定において平均月収は約36万円、平均年収は約600万円となります。しかし民間の病院ではかならずしも平均年収が600万円届くとは限らないようです。ですがたいていの場合、大病院の場合は着実に勤務を続けることで800万円あたりまでの収入が望めます。

最後になりますが、薬剤師のなかでもクリニックの薬剤師の年収は低めといわれます。初任給ではなく一般的な平均年収が400万円程度と言われています。クリニックは個人で経営するところも多いので、傾向として年収が伸び悩んでしまうようです。ですが、クリニックの業務は薬剤師の中でも子育てとの両立がしやすい仕事なのだそうです。何よりも、医師や看護師などの医療従事者と接する機会が多いので、仕事の幅を広げることができるのも大きなメリットになっているのです。

薬剤師の収入に関しては欧米と比べ、まだまだ低い傾向がありますが、高齢化社会の日本では薬剤師へのニーズが高まっているのが現状です。大手のドラッグストアーの求人などではさらに好条件の待遇を提示してもいます。現職の薬剤師の方にも、ぜひ一度薬剤師の専門サイトをご覧になって、事実を確認するように勧めます。

職場別に見た薬剤師の収入が高いランキング
収入が良い製薬会社
収入が良い調剤薬局
収入が良いドラッグストア
収入が良い病院

薬剤師収入アップを目指すならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師のページへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアのページへ進む
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師のページへ進む